casestudy 取組事例

ヘッドホンのプラスチック包装材の大幅削減

[企業・団体名] ソニーグループ株式会社およびグループ会社

開始時期(予定)等

2020年

技術やビジネスモデルの説明

従来のヘッドホンの包装材では、ブリスター包装を使い、実物を直接見せることで商品性が伝わりやすいようにしていた。同時に包装材内部のトレーなどもプラスチックを使用していたことから、世界各国で販売しているヘッドホン8機種の包装材に対してプラスチック材使用の抜本的見直しを行い、紙材の包装材へと変更を行った。さらに2021年発売の完全ワイヤレスヘッドホンWF-1000XM4ではパッケージ全体に紙製の包装材を使用した。

実績や目標など

多くの国で販売しているヘッドホン8機種において、プラスチック包装材を大幅に削減した。例えばMDR-EX15APでは包装材中のプラスチック材の割合を約96%から約3%まで削減した。また、2021年発売の完全ワイヤレスヘッドホンWF-1000XM4では、ポリ袋、プラスチックトレイや傷つき防止用プラスチックシートなどを廃止し、パッケージ全体に紙製の包装材を使用したことで環境負荷を低減したこととともに、消費者は分別せずに他の紙類と一緒に包装材を回収に出すことが可能になった。

取組を紹介したURL等

https://www.sony.com/ja/SonyInfo/csr/eco/products/headphones.html