casestudy 取組事例

籾殻を原料とした新素材Triporous™(トリポーラス)のライセンス提供による資源循環に寄与する新市場の開拓

[企業・団体名] ソニーグループ株式会社およびグループ会社

開始時期(予定)等

2019年

技術やビジネスモデルの説明

ソニーは、優れた吸着特性を持つ植物由来多孔質炭素材料トリポーラスを独自開発し、基礎から応用まで幅広い特許を取得後、2019年よりライセンス提供を行っています。トリポーラスは米の籾殻を原料にすることで独特の微細構造を有し、水質汚染の原因となる毒性の有機物をはじめ、アレルゲンやウイルス、細菌など従来の活性炭では吸着しにくかった分子量の大きな物質を容易に吸着できます。この特性をいかせば、水や空気に含まれる汚染物質を除去する高機能な環境浄化フィルターや、工場排水の浄化設備や途上国の浄水器などへの応用も期待できます。またトリポーラスは、消臭繊維などのアパレル分野や、洗浄剤などのヘルスケア分野にも応用可能です。原料となる米の籾殻は日本で年間約200万トン、世界中では年間約1億5000万トン発生する余剰バイオマスです。ソニーは、米の籾殻の新しい活用法としてのトリポーラスを世界に拡げることで、環境に配慮した循環型社会の実現にも貢献します。

実績や目標など

すでに、多くのアパレルメーカー(イッセイミヤケ、エストネーション、コムサ・メン、ミズノ、TABIO、ユナイテッドアローズ、三陽商会 など)で採用され製品化されており、スキンケア製品としてもロート製薬やMoon-Xから商品化されています。

取組を紹介したURL等

https://www.sony.com/ja/SonyInfo/csr/eco/technology/triporous.html

https://www.sony.com/ja/SonyInfo/triporous/