casestudy 取組事例

大型テレビで発泡スチロールを使った梱包を廃止 環境に配慮した100%バイオマス由来の素材を採用

[企業・団体名] ソニーグループ株式会社

開始時期(予定)等

2024年4月


技術やビジネスモデルの説明

ソニーの小型製品においては包装材の紙化を進めてきたが、テレビのような大型で重量のある製品では、輸送時の耐衝撃性を確保するため、発泡スチロールを緩衝材として使用し続けてきた。

今回、発泡スチロールの代替として、株式会社カネカ製のカネカ生分解性バイオポリマー Green Planetを採用した。

同素材は、バイオマス由来で石油由来のプラスチック削減に寄与する。また、様々な環境下で生分解性を有し、土壌中に加え海水中でも分解されCO2と水に戻るため、プラスチックによる環境汚染問題の解決に貢献する。


同素材を採用するにあたり、発泡スチロールとは異なる素材特性に合わせて、耐衝撃性を維持しつつ、生産性を確保できるように金型構造や緩衝材形状の最適化を施した。


取組を紹介したURL等

https://www.sony.co.jp/corporate/information/news/202404/24-013/