casestudy 取組事例

みんなでボトルリサイクルプロジェクト - ボトル容器からボトル容器のリサイクルに向けて

[企業・団体名] ユニリーバ・ジャパン花王株式会社ヴェオリア・ジャパン・グループP&Gジャパン合同会社ライオン株式会社

構成メンバーとその役割、連携のポイント

<構成メンバーとその役割>

ユニリーバ・ジャパン、花王、P&Gジャパン、ライオン

・使用済み容器の分別回収の仕組みの検討とボトルからボトルへの水平リサイクル技術の検証

・CLOMA(クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス)* での積極的な発信などのプロモーション活動

*海洋プラスチックごみ問題の解決に向け、業種を超えた幅広い関係者の連携を強めイノベーションを加速するためのプラットフォーム


ヴェオリア・ジャパン・グループ

・回収した容器の分別、洗浄、粉砕により、リサイクル材への加工

・リサイクルプロセスにおけるトレーサビリティの確保


東大和市、常総市、狛江市

・回収ボックス設置場所の提供、使用済み容器の回収

・市民への周知


<連携のポイント>

・同業企業による連携

・動脈企業と静脈企業の連携

・消費者・行政・企業の3者間の連携


開始時期

2021年6月1日〜


背景とプロジェクト内容

<背景>

日本の日用品においては、メーカーによって使用しているプラスチック素材が異なること、使用済み容器を素材別に分別回収する仕組みがないこと、プラスチックの品質劣化を防ぎながらリサイクルする技術が確立されていないことなどから、多くの容器が再び容器へとリサイクルされていないのが実情です。そこで、ユニリーバ・ジャパンと花王は、日用品のボトル容器をボトル容器にリサイクルする水平リサイクルの仕組みの構築に、企業の枠を超えて取り組むことを決定。その一環として、資源回収の取り組みで知られ、ユニリーバ・ジャパンとの連携協定を締結している東京都東大和市のご協力の下、使用済み容器の回収・再生プログラム「みんなでボトルリサイクルプロジェクト」を立ち上げた。ヴェオリア・ジャパン・グループは本プロジェクトに賛同し、リサイクラーとして参画。


<プロジェクト内容>

・東京都東大和市内の10か所に回収ボックスを設置し、ご家庭で使用後にきれいに洗浄して乾かした使用済み容器を回収

・回収した容器はリサイクル事業を担うヴェオリアの工場へと運び、分別・洗浄・処理した後、ユニリーバ・花王はボトル容器からボトル容器への水平リサイクル技術を検証


<連携拡大・横展開>

・2021年12月に東京都の「令和3年度 革新的技術・ビジネスモデル推進プロジェクト」に、本プロジェクトが実証事業に選定

・これを機に、P&Gジャパン合同会社、ライオン株式会社が新たに参画し、4社共同での実証事業に拡大・発展

・実証地域では、2021年9月より茨城県常総市、11月より東京都狛江市で容器の回収をそれぞれ開始


目標

・消費者が参加しやすく、商業的にも持続可能な使用済み容器の分別回収の仕組みの構築

・獲得した知見を基に企業・業界の枠を超えて共通利用が可能な日用品の容器のガイドラインの策定への貢献


取組を紹介したURL等

ユニリーバ・ジャパン プレスリリース

https://www.unilever.co.jp/news/press-releases/2021/unilever-japan-kao-minna-de-bottle-recycle-project.html

https://www.unilever.co.jp/news/press-releases/2021/minna-de-bottle-recycle-project-21-12-13/


花王 プレスリリース

https://www.kao.com/jp/corporate/news/sustainability/2021/20210518-001/

https://www.kao.com/jp/corporate/news/sustainability/2021/20211213-002/


ヴェオリア・ジャパン・グループ プレスリリース

https://www.veolia.jp/ja/newsroom/news-20210908

https://www.veolia.jp/ja/newsroom/news-20211213


東京都プレスリリース

https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/12/13/01.html